This page:カクテルの種類とレシピ

カクテルの歴史

酒類に何も混ぜずに、そのまま飲む飲み方を「ストレート」と言うのに対して、酒や飲料などを数種類混ぜ合わせて作るミクスト・ドリンクを総称して「カクテル」と言います。カクテルは、3000?5000種類もあるそうです。チューハイやサワーもカクテルの一種です。

カクテルの歴史は、酒類が誕生したのと同時期にまでさかのぼります。

古代ローマでは、ワインに混ぜ物を加えて飲んでいたそうです。また、古代エジプトでは、ビールの中に、ショウガやハチミツを混ぜ合わせて飲んでいたそうです。12?17世紀の中世ヨーロッパでは、スピリッツ類やワインなどに、薬草などを加えて、ホットドリンクとして暖めて飲むのが流行していました。そして、蒸溜酒技術の普及につれて、レシピが増えていき、社交界でもカクテルが飲まれるようになりましたが、この頃カクテルに使用していた氷は、湖や川などに張ったものを使っていました。

器具を使用して、氷で冷やして作る現代式のミクスト・ドリンクのカクテルとなったのは、製氷機が発明された1879年以来です。カクテルが最初に開花したのはアメリカで、第一次世界大戦とともに、アメリカ人が世界に普及させ、第二次世界大戦が終わる頃には、ヨーロッパでも飛躍的に発展していきました。

日本に入ってきたのは明治初期のことで、「カクテル」という名前が、東京の人々に知られるようになったのは、大正元年に、バーが下町に出現するようになってからです。

ワインベースのカクテルレシピを紹介します。 「アンダルシア」は、スペインのアンダルシア地方をイメージした、まろやかな辛さのカクテルです。アンダルシア地方は、シェリーの故郷で、フラメンコの発祥地としても有名です。作り方は、ドライシェリー30ml、ブランデー15ml、ホワイトラム15mlをステアして、カ…
ウイスキーベースのカクテルレシピを紹介します。 「アイリッシュ・コーヒー」は、アイルランドで誕生したホットカクテルなので、できるだけアイリッシュウイスキーを使ってください。作り方は、アイリッシュ・グラスに砂糖1tspを入れて、ホットコーヒー適量を注ぎます。そこへ、アイリッシュウイスキー30mlを入れ…
ブランデーベースのカクテルレシピを紹介します。 「アレキサンダー」は、芳醇なブランデーの香りと、ほろ苦いカカオがマッチし、特に女性からの人気が高いカクテルです。作り方は、ブランデー30ml、クレームドカカオブラウン15ml、生クリーム15mlをシェイクし、カクテルグラスに注ぎます。 「オリンピック」…
リキュールベースのカクテルレシピを紹介します。 「アブサン・エッグ」は、薬草系特有のアブサンの香りを楽しむことができるカクテルです。さわやかな味わいの中に、砂糖と卵白が加わることで、口当たりまろやかな仕上がりになります。作り方は、アブサン15ml、ドライジン15ml、卵白1個分、砂糖1tspをシェイ…
ラムベースのカクテルレシピを紹介します。 「カリビアンクルーズ」は、ココナッツミルクのまろやかな風味が漂うトロピカルなカクテルです。作り方は、ホワイトラム10ml、クレームドバナナ20ml、パイナップルジュース20ml、ココナッツリキュール10ml、レモンジュース5mlをシェイクして、カクテルグラス…
ウォッカベースのカクテルレシピを紹介します。 「キッス・オブ・ファイヤー」は、豊かなスロージンの甘さと、ドライベルモットの香りが楽しめるカクテルです。作り方は、ウォッカ20ml、スロージン20ml、ドライベルモット20ml、レモンジュース2dashをシェイクします。そして、砂糖少々でスノースタイルに…
テキーラベースのカクテルレシピを紹介します。 「アンバサダー」は、オレンジのさわやかな香りと、パンチの効いたカクテルです。作り方は、テキーラ45ml、オレンジジュース100ml、シュガーシロップ5mlを、氷を入れたタンブラーに注ぎ入れ、ステアして出来上がりです。 「テキーラ・サンセット」は、口いっぱ…
ジンベースのカクテルレシピを紹介します。 「青い珊瑚礁」は、グリーンペパーミントのさわやかな香りが漂います。砂糖を使用したスノースタイルもあります。作り方は、ドライジン40mlとペパーミントリキュール20mlをシェイクして、カクテルグラスに注ぎます。最後に、チェリー1個を沈めたら出来上がりです。 「…
本格的にカクテルを作るときには、必要な道具をそろえましょう。カクテル作りには欠かせない道具や、持っていると楽しく効率的に作れるものまで紹介します。 「バー・スプーン」は、カクテルを作る際に、もっとも必要な道具と言えるでしょう。柄の中央部分がねじれているため、ステアするときにとても便利です。ただし、初…
カクテルを作るときに使用する道具を紹介します。 「メジャー・カップ」は、分量を正確に量るための道具です、ほとんどが金属製です。容量が違う2つのカップが、背中合わせに引っ付いており、一般的で使いやすいのは、30mlと45mlを量れるものです。 「アイストング」は、氷を挟む際に使用するもので、氷をつかみ…
カクテルの副材料として使用される、クリームやシロップについて紹介します。 「クリーム」は、生乳や牛乳、特別牛乳から、乳脂肪以外の成分を分離させ、乳脂肪分18%以上のものです。クリームを用いて作るカクテルの種類は多く、カクテル創作には欠かせません。乳脂肪分が18?25%のものは「ライト・クリーム」、4…
カクテルの副材料として、フルーツや野菜も使用されます。 「セロリ」は、古くから、香辛料や薬用とされており、17世紀に入ってから食用とされました。シャキシャキとした肉質と、爽快な香りをもっています。スティック状に切り分けて、マドラー代わりとして用いることが多いです。保存する際は、葉の部分を切り落として…
カクテルを作る際に、副材料としてハーブやスパイスを使用する場合があります。それでは、カクテルに使用されるハーブ・スパイスについて説明します。 「シナモン」は、もっとも古いスパイスだと言われており、日本語では、「肉桂(ニッケイ、ニッキ)」と言います。ほのかな辛味と香り高い甘味が広がります。パウダータイ…
カクテルに使用する「ミネラルウォーター」、「トニックウォーター」、「ソーダ」、について説明します。 「ミネラルウォーター」は、昔は、ウイスキーの水割りにしか使用されていませんでした。しかし、今では、清涼飲料水の1つとされています。種類も多様化して、それぞれに特徴があります。 ・「ナチュラルミネラルウ…
みんなが大好きな「カルピス」は、カクテルの副材料としても大活躍します。それでは、カルピスを使った、おいしいカクテルの作り方を紹介します。 「ブルーベリーとカルピスのラムカクテル」は、甘酸っぱいさわやかなカクテルです。作り方は、ブルーベリー25g、氷50g、カルピス25cc、ラム酒5ccを、ミキサーに…
カクテルを作る時に使用する「アイス(氷)」について説明します。 「ブロック・オブ・アイス(ブロック・アイス)」は、1kg以上もある氷の大きな塊です。カクテルパーティーなどで、パンチ・ボウルの中に入れて使います。 「クラックド・アイス」は、アイス・ピックで、粗く直径約3、4cmに砕いた氷で、ステアやシ…
アサヒ「カクテルパートナー」は、本格的なカクテルの味わいを、缶で気軽に楽しむことができます。スタンダードのカクテルから、季節限定のカクテルまで、種類が豊富なので、その時の気分に合わせて、選んでみてください。それでは、カクテルパートナーの期間限定商品を紹介します。 2009年4月14日に、初夏限定缶と…
カクテルを作って楽しむのなら、それに合ったグラスを選ぶことも大切です。 「サワー・グラス」は、中型のグラスで、サワースタイルのカクテルに用いられます。日本では、ほとんどのものに脚が付いていますが、外国では、平底のものもあります。容量は、120ml程度です。 「リキュール・グラス」は、ストレートでリキ…
カクテルの種類に合わせて、使用するグラスも選びましょう。 「タンブラー」は、「ハイボール・グラス」とも呼ばれます。ロングカクテルやソフトドリンクにも用いられます。昔、このグラスは、底が丸かったり尖っていたりして、倒れやすかったことから、“倒れるもの”を意味する「タンブラー」と呼ばれるようになりました…
カクテルには、さまざまなスタイルがあります。 「オン・ザ・ロックス」とは、ロックグラス(正式にはオールドファッションドグラス)に、大きめの氷を入れて作るカクテルです。 「クーラー」は、ベースとなる酒に、柑橘系のジュースとジンジャーエールなどの炭酸飲料を加えたカクテルです。ノン・アルコールのものもあり…
カクテル創作に必要不可欠なグラスには、さまざまな形や素材、模様などが用いられています。 「オールドファッションドグラス」は、背が低くて、円筒形の小形タンブラーで、容量は180?300mlです。古くから、そのデザインが酒器として使用されてきたものなので、「オールドファッションドグラス」と呼ばれています…
カクテルの技法「デコレーション」と「ピール」について説明します。 「デコレーション」は、カクテルを飾ったり、香りを付けたり、色彩に変化をもたせたりすることで、カクテルの個性を深めます。スタンダードカクテルでは、材料を混ぜ合わせる比率が同じであっても、使用する材料を変えたり、デコレーションをしたりする…
カクテルの技法「スライス/カット」、「スノースタイル」、「スクイーズ」について説明します。 「スライス」とは、薄切りにすることを言います。レモンを薄切りにすることを「レモン・スライス」、オレンジなら、「オレンジ・スライス」と言います。一方、「カット」とは、果物を薄切りにするのではなくて、何分の1かの…
カクテルの技法「コーラル・スタイル」、「ダッシュ/ドロップ」、「フィンガー」について説明します。 「コーラル・スタイル」とは、リキュールやシロップを使用し、グラスの縁に、塩や砂糖を幅広くまぶし付ける方法です。手順は、リキュールやシロップを器に入れ、そこへ乾燥させたグラスを垂直に入れて、多めにシロップ…
カクテルの基本技法の1つである、「ステア」について紹介します。 「ステア」とは、ミキシング・グラスに材料と氷を入れて、バー・スプーンを使って、早くかき混ぜて作る技法です。混合させる酒の比重が同じくらいの場合や、ドライな風味のカクテルを味わいたい場合、また、シェイクすると濁ってしまう場合に用いられます…
カクテルの基本技法の1つ「シェイク」について紹介します。 「シェイク」は、シェーカーに材料と氷を入れて、強く振って混ぜ合わせる技法です。シェイクすることによって、アルコール度の高いお酒を飲みやすくしたり、混ぜ合わせにくい材料を、すばやく混合させたりするのに効果的です。 まず、材料と氷を、シェーカーの…
どんなカクテルを創作するにしても、材料の容量を量ることは同じですが、どのような技法で作るかは異なります。それでは、カクテルの基本技法を紹介します。 「ビルド」は、直接、材料を飲用グラスに注いで提供する技法です。一番簡単な作り方で、すぐに作れるものがほとんどです。炭酸飲料を入れる場合は、かき混ぜ過ぎる…
「CockTail(カクテル)」という言葉が初めて登場したのは、ロンドンで1948年に出版された「ザ・スクァイア/レシピーズ」という小冊子だと言われています。カクテルの語源にはいろいろな説がありますが、有力なのは次の3つの説だそうです。 ・メキシコのユカタン半島の町「カンペチュ」にある酒場での出来事…
酒類に何も混ぜずに、そのまま飲む飲み方を「ストレート」と言うのに対して、酒や飲料などを数種類混ぜ合わせて作るミクスト・ドリンクを総称して「カクテル」と言います。カクテルは、3000?5000種類もあるそうです。チューハイやサワーもカクテルの一種です。 カクテルの歴史は、酒類が誕生したのと同時期にまで…

edit

 

cms agent template0037/0038 ver1.0