This page:カクテルの種類とレシピ > カクテルのグラス(1)

カクテルのグラス(1)

カクテル創作に必要不可欠なグラスには、さまざまな形や素材、模様などが用いられています。

「オールドファッションドグラス」は、背が低くて、円筒形の小形タンブラーで、容量は180?300mlです。古くから、そのデザインが酒器として使用されてきたものなので、「オールドファッションドグラス」と呼ばれています。口径が広くて、大きな氷も入るので、ウイスキーなどを、オン・ザ・ロックスにして飲むときに使用されます。

「カクテルグラス」は、カクテル用のグラスです。逆三角形のものが一般的ですが、ソーサー型のシャンパングラスのような、丸みのあるものもあります。脚の付いたラッパ状のものは、グラスを傾けずに飲めるので、「ショート・グラス」と呼ばれます。多くのカクテルは、このグラスを用いて飲まれます。容量は90mlが標準サイズで、材料60ml分で作ったカクテルを、これに注ぐとちょうどよい量になります。

「ゴブレット」は、一般的にコップと呼ばれているタンブラーに、脚の付いたグラスのことです。ソフトドリンクやビール、氷を多めに使用したロング・ドリンクに用いられます。容量は、240?300mlが標準です。

「コリンズグラス」は、背の高い、円筒形の大形グラスです。コリンズスタイルや発泡性のカクテルに用いられます。容量は300?360mlで、「トール・グラス(背高グラス)」、「チムニー・グラス(煙突型グラス)」と呼ばれこともあります。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0