This page:カクテルの種類とレシピ > カクテルの道具(1)

カクテルの道具(1)

本格的にカクテルを作るときには、必要な道具をそろえましょう。カクテル作りには欠かせない道具や、持っていると楽しく効率的に作れるものまで紹介します。

「バー・スプーン」は、カクテルを作る際に、もっとも必要な道具と言えるでしょう。柄の中央部分がねじれているため、ステアするときにとても便利です。ただし、初めは、なかなかスムーズに動かせないで、何度も練習を繰り返しましょう。また、レシピに記載されている「tsp」とは、このバー・スプーンで測った際の単位に当たります。

「シェーカー」は、カクテルの材料をよく混ぜ合わせながら、一気に冷やしたいときに使用します。シェーカーは、3つのアイテムで構成されており、下から、ボディー、ストレナー、トップに分かれます。ストレナーにある穴は、材料と空気をよく混ぜ合わせられるように空いています。そのため、普通の水をシェイクしても、マイルドな味わいになります。

ドライ・マティーニなどを作るときに、ステアしてからカクテルグラスに注ぎ入れますが、そのステアをするために用いるグラスのことを「ミキシング・グラス」と言います。また、その上に、蓋のようにかぶせる部分のことを「ストレナー」と言います。ストレナーとは、出来上がったカクテルを注ぐときに、氷が出てこないようにするために使うものです。シェーカーの真ん中の部分も「ストレナー」と言いますが、通常、ストレナーと言うと、こちらのことを指します。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0