This page:カクテルの種類とレシピ > カクテルのグラス(2)

カクテルのグラス(2)

カクテルを作って楽しむのなら、それに合ったグラスを選ぶことも大切です。

「サワー・グラス」は、中型のグラスで、サワースタイルのカクテルに用いられます。日本では、ほとんどのものに脚が付いていますが、外国では、平底のものもあります。容量は、120ml程度です。

「リキュール・グラス」は、ストレートでリキュールを飲むために用いられるグラスです。脚の付いた小さめのグラスで、口のすぼまった形をしています。リキュール以外にも、ストレートで、ウォッカやラム、テキーラなどを飲む際にも用いられる場合があります。一般的なものは、容量は30?45mlです。

「シェリー・グラス」は、フォーティファイド・ワイン(酒精強化ワイン)のスペイン産シェリーを味わう際に用いられます。スリムな形をしており、リキュール・グラスよりも一回り大きく、容量は60?75mlです。デザインがシンプルなものは、ウイスキーを飲む際にも用いられます。

「ジョッキ」とは、ガラス製や陶製の容器の総称を指し、ビールなどを飲むときに用いられます。優勝杯のような高脚型のものは「ポカール」、柄の付いた大きいジョッキは「フンペン」、陶製の1パイント(約500ml)入るジョキは「スタイン」または「ストン」、と細かく呼称も分類されていますが、一般的には、柄の付いた大きめのグラスを指します。また、ジョッキに似た形で、柄付きの「マグ」がありますが、これは陶器製や金属製の容器について言います。

「ソーサー型シャンパングラス」は、口の広いソ?サー型グラスで、容量は120ml程度です。乾杯用に用いられることが多いですが、フラッペやフローズン・スタイル、ソフトドリンクを飲む時にも用いられます。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0