This page:カクテルの種類とレシピ > カクテルの道具(2)

カクテルの道具(2)

カクテルを作るときに使用する道具を紹介します。

「メジャー・カップ」は、分量を正確に量るための道具です、ほとんどが金属製です。容量が違う2つのカップが、背中合わせに引っ付いており、一般的で使いやすいのは、30mlと45mlを量れるものです。

「アイストング」は、氷を挟む際に使用するもので、氷をつかみやすいように、先がぎざぎざになっているものや、人の手のような形をしているものがあります。溶け出した氷の余分な水が、シェーカーやグラスに入らないので、カクテルが水っぽくなりません。

「カクテル・ピン」は、チェリーやオリーブ、レモンなどを刺して、カクテルのデコレーションとして用います。シンプルなものから、さまざまなデザインのものがあるので、カクテルに合わせて選ぶと良いです。

「マドラー」は、ステアしたり、カクテルの中に入っているフルーツをつぶしたりして、カクテルの風味を整えるために使用されます。金属製、プラスティック製、ガラス製のものなど、さまざまな種類があります。マドラーを実際に使う人は、カクテルを作って提供する人ではなくて、カクテルを提供されて飲む人になります。

「スクイザー」は、フルーツの果汁を搾り出すための器具です。スクイザーの中央にある突起部に、果実の切り口を押し当てて、ゆっくりと回しながら搾り出します。

「ミキサー」は、フローズンカクテルや、果実を砕いて入れたカクテルを作るために使用されます。「バーブレンダー」とも言われています。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0