This page:カクテルの種類とレシピ > カクテルのさまざまな技法(3)

カクテルのさまざまな技法(3)

カクテルの技法「スライス/カット」、「スノースタイル」、「スクイーズ」について説明します。

「スライス」とは、薄切りにすることを言います。レモンを薄切りにすることを「レモン・スライス」、オレンジなら、「オレンジ・スライス」と言います。一方、「カット」とは、果物を薄切りにするのではなくて、何分の1かの厚さの縦切りにすることを言います。

「スノースタイル」は、グラニュー糖をグラスの縁にまぶし付けて、凍りついたような雪のように見せるカクテルの技法です。「スノースタイル」という表現は和製英語で、日本独自の呼び方です。英語では、「rimmed with sugar(salt)」=“砂糖(塩)で縁取る”と表現します。

スノースタイルの手順は、レモンやライムの切り口に、乾燥させたグラスの縁の外側を当てて、1回転させます。グラニュー糖を平らな皿に広げて、そこへグラスを逆さまに当てて、グラニュー糖を付けて引き上げます。砂糖の幅は、なるべく均一になるように付けて、カクテルの美しい見た目と、風味のアクセントとなるようにしましょう。

「スクイーズ」は、「搾る」ことを意味し、果物から果汁を搾ることを言います。オレンジやレモンなどを半分に切って、スクイーザーの中央にある尖った部分に切り口当てて、左右に軽く回して搾ります。余分な果物の果肉や皮に含まれる油まで搾り出してしまわないように、果汁だけを搾るように、優しく回すことがポイントです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0