This page:カクテルの種類とレシピ > カクテルのグラス(3)

カクテルのグラス(3)

カクテルの種類に合わせて、使用するグラスも選びましょう。

「タンブラー」は、「ハイボール・グラス」とも呼ばれます。ロングカクテルやソフトドリンクにも用いられます。昔、このグラスは、底が丸かったり尖っていたりして、倒れやすかったことから、“倒れるもの”を意味する「タンブラー」と呼ばれるようになりました。

「パンチ・ボウル」は、大きな鉢の形をしており、パンチを作るためのグラスです。

「ブランデー・グラス」は、口がすぼまって、こしはチューリップ型に膨らんだ、大型のグラスです。グラスの容量は180?300mlですが、ブランデーは30ml程度注ぎます。少量入れることで、香りが上部に集まって、ブランデーの芳醇な香りを楽しむことができます。このことから、“香りをかぐもの”を意味する「スニフター」と呼ばれることもあります。

「ショット・グラス」は、ストレートでウイスキーを飲む時に用いるグラスです。「ショット」とは“1杯”を意味し、「ストレート・グラス」や「ウイスキー・グラス」と呼ばれることもあります。シングル・グラス(30ml)と、ダブル・グラス(60ml)があります。

「ワイン・グラス」は、大型のグラスで、ワインの色を楽しむため透明です。大ぶりである理由は、なるべくワインが空気に触れるようにして、立ち上る香りを楽しむためです。ちなみに、ワインの楽しみ方は、色、香り、味の順で感じてください。ワイン・グラスの容量は、150?200ml以上のものが良いです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0