This page:カクテルの種類とレシピ > カクテルの基本技法

カクテルの基本技法

どんなカクテルを創作するにしても、材料の容量を量ることは同じですが、どのような技法で作るかは異なります。それでは、カクテルの基本技法を紹介します。

「ビルド」は、直接、材料を飲用グラスに注いで提供する技法です。一番簡単な作り方で、すぐに作れるものがほとんどです。炭酸飲料を入れる場合は、かき混ぜ過ぎると炭酸ガスが抜けて、水っぽくなってしまうので、バー・スプーンを使って、1?2回転軽くステアして止めましょう。また、エキス分の高いもの(リキュールなど)を使用する場合は、比重によって、グラスの底にどうしても沈んでしまうので、軽くバー・スプーンを持ち上げるような感じで、2回転程度回して、上下を均一にしてください。

「ブレンド」は、ブレンダー(ミキサー)を使用して、材料をすばやく強力に混ぜ合わせる技法です。この技法を用いるのは、材料にクラッシュドアイスを入れて、シャーベット状にしたフローズン・カクテルを作る場合や、バナナやイチゴなどのフルーツを溶かして、フルーティーなカクテルを作る場合です。

本来、材料をカップに入れる順序は、レシピに記載されている順ですが、ブレンドで作る場合は、先にクラッシュドアイスを入れても構いません。また、フルーツを入れる場合は、先にフルーツを入れて、その上にクラッシュドアイスを加えると、フルーツが酸化して変色してしまうのを防ぐ効果があります。クラッシュドアイスの量によって、液状のカクテルにしたり、シャーベット状のカクテルにしたりできるので、好みにより加減してください。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0