This page:カクテルの種類とレシピ > 「シェイク」について

「シェイク」について

カクテルの基本技法の1つ「シェイク」について紹介します。

「シェイク」は、シェーカーに材料と氷を入れて、強く振って混ぜ合わせる技法です。シェイクすることによって、アルコール度の高いお酒を飲みやすくしたり、混ぜ合わせにくい材料を、すばやく混合させたりするのに効果的です。

まず、材料と氷を、シェーカーのボディーの8?9分目ぐらいまで入れて、ストレナーとトップをかぶせていきます。シェイクしているうちに、中に入れた材料が染み出ないように、真っ直ぐにはめてください。好みの冷たさに早くなるように、すばやくシェーカーを振りましょう。

シェーカーの持ち方(右利きの場合)を説明します。

手前にトップを持ち、右手の親指で押さえて、ボディーを薬指と小指の間に挟みます。中指と人差し指はボディーに添えて支えます。左手は、中指と薬指の第一関節まで、ボディーの底にまわします。親指は、ストレナーを押さえて、ボディーを人差し指と薬指で軽く挟みます。必要以上に、手をシェーカーに密着させると、シェーカーに手の熱が伝わって、氷を溶けやすくしてしまうので注意してください。

シェーカーは、胸と肩の中間辺りの、身体の正面よりやや左側の位置で、真横から見ると水平になるように持ちます。そして、15?16回前後にシェイクします。ただし、生クリームや卵などの、混ぜにくい材料を使用する場合は、30回ほどシェイクしてください。シェーカーを持つ指先が冷たくなって、シェーカーの表面に霜のようなものが付いたら、トップを外して、ストレナーを人差し指で押さえながら、グラスに注ぎます。

左利きの場合は、手を左右逆にしてください。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0