This page:カクテルの種類とレシピ > カクテルに使用するフルーツ・野菜

カクテルに使用するフルーツ・野菜

カクテルの副材料として、フルーツや野菜も使用されます。

「セロリ」は、古くから、香辛料や薬用とされており、17世紀に入ってから食用とされました。シャキシャキとした肉質と、爽快な香りをもっています。スティック状に切り分けて、マドラー代わりとして用いることが多いです。保存する際は、葉の部分を切り落としてラップに包み、冷蔵庫の中で保存すると、鮮度を保てます。

「チェリー」は、デコレーション用に使われることが多いです。カクテルには、種を取ってシロップ漬けにした、赤色の「レッドチェリー」や緑色の「ミント・チェリー」が飾られます。

「キュウリ」は、バーでは、オードブルとして野菜スティックや、マドラーの代わりに用いられます。とげがしっかりと付いた、張りのある新鮮なものを選びましょう。

「レモン」は、インドが原産で、15世紀には地中海で栽培されていました。そして、コロンブスの新大陸発見により、アメリカに伝えられました。絞ったり、デコレーションに使ったり、カクテルには欠かすことができない果物です。

「ライム」は、レモンよりも酸味が強く、上品な香りがします。上質のものは、深い緑色をしており、つやのあるものです。

「オリーブ」は、デコレーション用に使用されることが多いです。青い実を塩に漬けた「グリーン・オリーブ」、黒く熟した実を塩漬けにした「ブラック・オリーブ」、種を抜いたオリーブに、アーモンドや赤ピーマン、オニオンなどを詰めた「スタッフド・オリーブ」などがあります。

「オニオン」は、玉ねぎのことで、カクテルに使用されるのは、小球種を塩漬けにしたもので、「ピクルドオニオン」や「パールオニオン」と呼ばれており、辛口のカクテルに飾られることが多いです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0