This page:カクテルの種類とレシピ > カクテルに使用するクリーム・シロップ

カクテルに使用するクリーム・シロップ

カクテルの副材料として使用される、クリームやシロップについて紹介します。

「クリーム」は、生乳や牛乳、特別牛乳から、乳脂肪以外の成分を分離させ、乳脂肪分18%以上のものです。クリームを用いて作るカクテルの種類は多く、カクテル創作には欠かせません。乳脂肪分が18?25%のものは「ライト・クリーム」、45%前後の濃厚なものは「ヘビー・クリーム」と呼ばれています。

「角砂糖(キューブシュガー)」は、精製された上白糖に、無色透明の濃い糖液を加えて、角型に圧縮させ、熱をゆるく加えて、乾燥させ固めたものです。角砂糖を、溶かしながら楽しむカクテルもあります。

「グラニュー糖」は、白ザラメを粉砕して粒状にした砂糖です。結晶が大きくて、冷えたカクテルに入れると、なかなか溶けないので、シロップ状にする必要があります。ただ、グラニュー糖は、純度が高いので、さっぱりとしたシロップに仕上がり、上質な甘味料になります。また、結晶が硬いため、スノースタイルに用いると、とても美しいカクテルになります。

「グレナデンシロップ」は、シュガーシロップに、ザクロの色と風味を加えた、鮮やかな赤色のシロップです。色素とエッセンスのみを配合させた無果汁のものと、さらにザクロ果汁を配合させたものがあります。透明感のある美しい赤色で演出してくれるので、多くのカクテルに用いられています。

「粉糖(パウダーシュガー)」は、白ザラメやグラニュー糖を乾燥させて粉砕し、細かい結晶だけを集めたものです。お酒に溶けやすいということで、カクテル作りに最適な砂糖です。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0