This page:クレジットカード > クレジットカードの基本

クレジットカードの基本

クレジットカードを作ろうと思った時に「VISA」「MasterCard」「JCB」と選択する項目があります。
聞いたことはあるかと思いますが、これはどのような違いがあるのか説明していきたいと思います。

・VISA
マスターカードと並ぶ2大ブランドです。世界的に加盟店が一番多いのではないでしょうか。
世界の各国の金融機関がVISAインターナショナルと提携してカードを発行しているので、カードによって発行会社が違ってきます。
海外に行く予定がある人で、カードは1枚しかいらないという人はVISAがおすすめです。

・MasterCard
VISAと並ぶ2大ブランドです。このマスターカードはヨーロッパで強いと言われています。
加盟店はVISAと大差はないようですが、ヨーロッパ方面で利用を考えられているならMasterCardがいいのではないでしょうか。

上記の2ブランドは決済のみを行っていて、VISA/MasterCardの会社自体はカードを発行していません。
例えば「三井住友VISAカード」ってCMをしていますが、これはVISAと三井住友UFJが提携をしているからで、実際のカード発行は三井住友がしています。

・JCB
これは日本のクレジットの会社のため、国内では加盟店最多・有名ですが海外では利用できない・対応してないこともあります。主要都市ではほぼ使えるようですが海外には不向きですね。
ただ、サービスとして外国主要都市には「JCBプラザ」があり、カードを見せるだけで日本語スタッフが旅行の相談にのってくれます(ツアーや予約など、無料で)。
日本の会社ならではのサービスではないでしょうか。韓国や台湾、タイ、マレーシアなどアジア各国では上記2ブランドと同じくらい加盟店があります。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0