This page:クレジットカード > クレジットカードの入会審査

クレジットカードの入会審査

「クレジットカード=後払いカード」。ですから誰でもカードを作れるわけではありません
カードを申し込む時には非常にたくさんの入力項目を埋めなければなりませんし、審査に落ちて入会を断られることもあります。
ここではこの「審査」について紹介したいと思います。
クレジットカードの入会審査はカード会社独自の基準を持っていますので「審査が通りやすい・通りにくい」ものは確かにありますが一般的な話をします。

まず、信用力の判断材料として3つあります。
1:資力 →一定の収入があって、返済する能力をみるもの。最も重要視される。
2:性格 →決められた日にきちんと返済できるかどうか。
3:資産 →担保として不動産や車などがあるかどうか。

次に「点数付け」があります。
申込み時の情報から、年齢とか会社の勤続年数、他社からの借入や支払の状況など、いろいろな項目で点数をつけられるようです。
詳細は次回説明します。

上記のようにいろいろと審査項目がありますが、審査に通らない場合があります。具体的にどんな原因なのでしょうか?
1:記入が雑。未記入の欄が多い。いい加減である。
 →これは上記の「性格」の部分ですね。誤字脱字、電話番号の間違い、記入漏れ…。できるだけ正確・丁寧に記入しましょう。
2:「点数付け」で基準点に達しない。
 →これで重要視されるのは「年収」「勤続年数」「住居年数」と言われます。それぞれ最低ラインを設け、1つでも最低ラインを割ると通らない可能性が高いそうです。
3:多重債務、支払遅延・延滞
 →個人情報から信用情報を照会して審査の判断材料にしています。ほかからの借金や過去に支払の遅延等があった時は審査に通らない可能性があります。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0