This page:クレジットカード > 銀行系のクレジットカード

銀行系のクレジットカード

銀行の名前が入ったクレジットカードって多いですよね。
銀行のキャッシュカードにクレジット機能付きのものや銀行のグループ会社で発行しているもの。
有名どころとして東京三菱UFJ銀行発行のDCカードや、三井住友銀行発行の三井住友VISAカードがあります。
これらはグループ会社でクレジットカードを発行しています。
なぜ直接銀行が発行しないでグループ会社が発行しているかというと、1982年までは銀行法で「銀行で扱える商品・業務」の範囲が決められていたためです。
その中でクレジットカードは銀行が直接発行できなかったのでグループ会社を経由してクレジットカードの業界に参入していきました。
今は法律改正されたので直接銀行が発行しているものもありますが、今もこのグループ会社が業務の効率化などのため引き続き発行しているクレジットカードはたくさん存在します。
銀行が直接発行しているのは地方銀行が多い気がします。
最近は銀行の窓口で投資信託など扱えるようになりましたが、上記の法律により以前は投資信託も禁止されていました。

銀行と同じようにクレジットカードの業界でも吸収合併や再編がおこなわれています。例えば信販系最大だった日本信販も今は東京三菱UFJ銀行の系列です。
以前は「信販系」「銀行系」と区別されていたものが一緒になったものが増えてきているので、クレジットカードの境界線もなくなってきています。

銀行グループ内で複数ブランドのクレジットカードを発行している銀行としては「東京三菱UFJ銀行」「三井住友銀行」です。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0