This page:クレジットカード > リボ払いのメリット・デメリット

リボ払いのメリット・デメリット

リボ払いとは、残高が増えても請求が毎月一定額で来るので利用する側としては残高を気にすることなく安心してカードで支払いをします。
例えばリボ払いの毎月の請求を3万円にしていたとして、今月合計5万円の買い物をしたとします。
請求は3万円です。
翌月、また合計4万円使用したとして、前回の残りの2万円+4万円=6万円。リボ払いで支払が3万円。未払いがまた3万円翌月に繰り越されるわけです。
さらには利息や手数料がかかります。
とっても便利なのでついつい気軽に使ってしまいますが実はこれ、利息や手数料が結構高いのがデメリット、気づきにくい落とし穴なのです。
残高がなかなか減らないうえに利息も加わって増えるばかり…。
この利息はクレジットカードの会社によってもちろん変わってきますが大体12?18%で、クレジットカード会社の大きな収入源になっています。
リボ払いを利用することを考えたらやはり利息の安いものを選ぶに越したことはありません。
この落とし穴に気付かないと延々と利息を払うようになってしまいます。注意してください。

最近では「リボ払い専用カード」も発行されています。これはほとんど年会費無料です。付帯サービスも充実しているものが多いです。
この「無料・サービス充実」の裏には上記のようなデメリットが存在することを念頭に置いてください。

賢いカードの使い方はやはり手数料のかからない一括または2回払いがベストです。
手数料なしでポイントも付与されますからね。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0