This page:クレジットカード > ゴールドカード

ゴールドカード

私もそうですが漠然と「ゴールドカードを持っている人はお金持ち」というイメージを抱きませんか?
そもそもゴールドカードってどういうものでしょうか。簡単に言えば、一般的なクレジットカードよりも充実したサービスを受けられるクレジットカードのことです。
ゴールドカードに対して一般的なクレジットカードはクラシックカードと言われます。
クラシックカードに比べると優位な立場、特別扱いなのがゴールドカードです。
利用限度額を例にとってみます。クラシックカードの限度額が一般的に50万円なのに対してゴールドカードは200万円以上など、ゆとりのある利用が可能なのです。
また国内・海外旅行の保険の補償額もすごいですし、空港の有料ラウンジが無料で利用できる…クラシックカードにはないサービスを受けることが可能です。

しかし、年会費は1?3万円くらいになります。
そしてこの年会費を払えば誰でもゴールドカードを持てるかというとそうではありません。
クラシックカードの入会審査よりも、より厳しい審査を通らなければいけません。
ですからゴールドカードを持っている人は、この厳しい審査をパスした信用のある人・ステータスのある人と判断されるのです。
海外でのゴールドカードは身分証明書として利用できるほどの高く信頼されています。
ちなみになぜ「ゴールドカードを」というのか?それはカードが金色だからです。しかし今は金色でなくてもランクが上のクレジットカードが存在します。
アメリカンエキスプレスやダイナーズクラブカードです。
特にダイナーズのカードは相当審査が厳しいので、これを持っている人はステータスが相当高いと言っていいでしょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0