This page:クレジットカード > ブラックリストについて

ブラックリストについて

俗に言う「ブラックリスト」。「ブラックリストに載ったので借金できない」なんて聞きますが、実際にブラックリストは存在するのか?
結果から言うと、そういう名前のリストはありません。
しかし個人が「いつ」「どこから」「いくら」借金したのか、そして「いつ完済したのか」という情報は記録されています。
クレジットカードを作る際にはこの情報から審査に落ちるケースがあります。
この情報は「個人信用情報」というものです。
この信用情報の中身によって借金できるか、クレジットカードが作れるかが決まります。
今までに返済が遅れたり、何かしら支障がでたりした場合、それが個人信用情報に載ります。この支障をきたしたという情報を「事故情報」というそうです。
この事故情報がいわゆるブラックリストに載ったということと同じです。
具体的には61日以上延滞したら事故扱いになるようです。ただその事故情報が一生残るかというとそうでもなく、通常は5年以内に消去されます。自己破産や民事再生の場合は5?7年だそうです。
このように自分の目には見えなくても記憶に残ってなくても情報として残っているのです。実際に自分の情報は取り寄せて確認することができるそうです。
また、これは個人情報にあたりますから他人が勝手に見られるようなものではありません。必ず本人の承諾が必要になるので例えば就職で不利になるということ等はありません。

この事故情報があってクレジットカードが作れない人はデビットカードになります。
このデビットカードは口座の残高の中でクレジットカードのように使用できる銀行と直結したカードです。
ネットショッピングなどでどうしてもカード決済しなければいけない人はデビットカードを作りましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0