This page:不眠 原因 解消

不眠とは

現代の様々なストレス社会において不眠に悩まされている人はたくさんいます。
わが国では一般人口の約20%の人が不眠に悩まされています。
不眠症とは、普段より睡眠時間が短く身体的あるいは精神的に不調があらわれることです。

不眠には、枕が変わると眠れない、心配事があって眠れないなどの一時的な環境の変化や精神的なもので数日眠れない一過性不眠。
これに対し1?3週間持続して眠れないことを短期不眠。
一過性不眠や短期不眠は一時的なもので原因がわかれば解決することが多いので専門医の診断は不要です。
しかしながら、1ヶ月以上となるとそれは長期不眠となり、なんらかの原因が考えられるため専門医の診断を仰ぐといいでしょう。

不眠の症状としては様々あります。
まず、入眠障害といわれるものがあります。
寝よう寝ようとすればするほど寝られなくなるという寝つきが悪い症状です。
寝つきに30分?1時間以上かかると定義されています。
ただしいったん眠ることができれば朝まで眠ることができます。

次に熟眠障害といわれるものがあります。
眠りが浅くすぐに起きてしまう症状です。
夢をよくみて熟睡できないタイプです。
睡眠時間が十分にとれているけれど、眠りが浅く満足感が得られないタイプです。

次に早朝覚醒といわれるものがあります。
高齢者に多いタイプです。
朝早く目が覚めてしまいそれ以上眠ることができない症状です。

最後に中途覚醒です。
これは寝ている間に何度も目を覚ましてしまう症状です。

以上が不眠の様々な症状です。
不眠には様々な要因が考えられます。
次に不眠の要因について考えて、これらをどのように解消していけばいいのか考えていきましょう。

不眠症の解消法として、漢方の使用があります。 漢方薬は個々の体質によって処方が違います。 漢方の考え方としては、「気・血・水」です。 「気」の流れが滞ってしまった場合は、スムーズにして眠りを与える。 イライラして眠れない場合には、気分を落ち着かせる。 このように不眠の原因をさぐってそれに合わせて処方…
睡眠を妨げない心地よい小鳥の鳴き声や川のせせらぎ、海の音、そよ風の吹く音などの自然の音を聞く。 また眠りに最適な音楽を聞き心の緊張をほぐして眠りへいざなう効果的な方法です。 それがヒーリングミュージックです。 人間の脳は活動しているときにはβ波をだし、リラックスしているときにはα波をだしています。 …
不眠を解消するにあたり一番大事なことは、寝る前に脳や体をリラックス状態にもっていくことです。 勉強や仕事など頭を働かせることは辞めましょう。 好きな本や雑誌をゆったりと読んだり、好きな音楽を流したりして体をリラックスさせましょう。 部屋の照明を少し暗めにするのもいいかもしれません。 就寝前にいつも必…
不眠症の解消方法として、アロマテラピーがあります。 まだ実践されていない方一度試してみてはいかがでしょうか。 アロマテラピーとは植物から採取された天然のオイルを使って体と心の不調を整える療法です。 アロマテラピーには体と心をリラックスさせる効果があります。 一番簡単な方法はハンカチやティッシュなどに…
催眠療法とは、催眠状態を利用して病気の症状や悩みを取り除いていく治療のことです。 不眠のような習慣化された不便な状態は、人間の潜在意識へアプローチをして改善させることが有効な手段です。 ですから催眠療法は不眠症の治療によく用いられます。 精神療法の1つで心理学と精神医学に基づいたものです。 催眠によ…
高齢になると加齢のために不眠になりがちです。 しかし睡眠をとるための工夫をすることにより、睡眠不足を多少なりとも解消することはできます。 まずは入浴です。 人間の体温は夜寝る前にもっとも高くなり、その高温が睡眠を催すのです。 ですから、入浴により体を温めることはとても効果的なのです。 さらに入浴する…
高齢になると、寝つきが悪かったり、朝早く目覚めてしまったり、夜中何度かトイレに起きてしまうなどなかなか熟睡できなくなります。 これは若いときほど体を動かさなくなり消費するエネルギー量が減ったこと。 加齢による最高体温が低くなったことや1日の体温サイクルがずれてしまうこと。 睡眠作用を促す「メラトニン…
女性は妊娠すると不眠に悩まされることがあります。 特に妊娠後期に入ると、夜なかなか眠れなくなり、逆に日中眠気に襲われたりすることがあります。 妊娠当初3ヶ月は「プロゲステロン」というホルモン分泌が多くなります。 その働きにより夜熟睡できますが、昼間も眠気に襲われることがあります。 これは「妊娠随伴睡…
不眠症を改善するサプリメントには多くのものがあります。 その成分として、「ビタミンB群」があります。 ビタミンB1は神経系に効果あり。 ビタミンB12は赤血球を生成するのに必要なものです。 体内時計のコントロール機能もあります。 ビタミンB群は一緒にとると効果がありますので、同時に摂取するといいでし…
不眠を続けると体に疲労感が蓄積され、心身のバランスも崩れ様々な病気になることが考えられます。 そんな不眠症の対策としてサプリメントの摂取があります。 サプリメントには様々あります。 代表的な成分としては、「カノコ草のエキス(吉草根)」です。 ヨーロッパで使用されているハーブの一種です。 中枢神経の緊…
不眠は現代病とも言われるくらい多くの人が不眠の悩みを抱えています。 自分では気づいていなくても隠れ不眠の人も多くいます。 朝目覚めがよくなかったり、起きて体がだるいというのはよく眠れていない証拠です。 不眠にはストレスや不安、悩みなどさまざまな原因があります。 重度になると精神病、うつ病などの病気に…
精神的ストレスによる不眠症の治療に、鍼灸治療が効果があるとされています。 軽い不眠症であれば完治するそうです。 それ以外でも症状が改善されて楽になったという話も聞きます。 重度の不眠症の場合は、専門医による不眠症治療と鍼灸治療の組合せが効果を発揮します。 鍼灸治療は、神経を落ち着かせ、体全体の調整を…
不眠解消の方法として「オルゴール療法」というものがあります。 オルゴールの音色の中にある周波によって、神経を通じて脳幹を刺激して心身ともに正常な状態に戻すというものです。 人間の体には、多くの神経が張り巡らされています。 末梢神経が体の外や内側から起こる刺激を感知して大脳へ伝えます。 そして脳幹から…
不眠解消に市販されている器材を利用するというのもひとつの手段です。 精神的な緊張に伴う不眠症に効くとされる「電気睡眠導入器スリーピー」というものがあります。 家庭用医療用具としての承認も受けています。 昭和48年から開発が始められて、平成5年にやっと家庭用医療用具としての承認を得たのです。 仕組みと…
人は体温が下がるときに眠くなり、体温が上昇するときに目覚めるしくみになっています。 さらに睡眠中人間は、頭部の温度が下がり、足の温度は上がります。 ですから、足浴などで足を暖めてあげると、不眠解消法になるのです。 不眠解消だけではなく、足浴には心身ともにリラックスさせる効果もあるのでストレス発散にも…
眠れなければアルコールの力を借りれば眠れると不眠解消法に寝酒をあげる人はとても多いです。 専門医に診せて睡眠薬などを飲むと答えた人は寝酒の半分程度の人しかいませんでした。 適度な飲酒は興奮を抑えて寝つきをよくさせる効果があります。 しかしアルコールには催眠効果もあります。 覚醒の働きを抑える効果があ…
昔から「早寝早起きしなさい」とよくいいます。 これは人間の生活リズムに早寝早起きが適しているからです。 この生活リズムを実践することにより、人間の体内リズムが整えられて体の調子がよくなります。 早起きすることにより自然と夜早く寝れるようになります。 まずは早起きをして、日中陽の光を存分に浴びて過ごし…
多様化の現代、様々なストレス原因があります。 多くの人が、仕事のこと、学校のこと、いじめ、病気、人づき合いなどで何かしらのストレスを抱えています。 ストレスによる不眠は、脳が神経を刺激して極度の緊張状態が持続して起こるものです。 この場合は、ストレスの原因を取り除かなければ不眠は治りません。 不眠が…
寝室の環境を整えることも大事な安眠のためのポイントです。 毎日長い時間を過ごす寝室は心身ともにリラックスできる部屋作りをしましょう。 部屋のカーテンを変えたり、インテリアを変えたりするだけでも雰囲気や気分は変わります。 リラックスして眠るための工夫の余地は意外にたくさんあるものです。 人は明るすぎた…
次に不眠を解消する環境作りとして布団選びも重要なポイントです。 体にストレスのかからない環境つくりを目指しましょう。 敷き布団は体を支える大事な役割を果たしています。 ですから腰痛、血行、快眠などに大きく影響します。 敷き布団選びのポイントとしては、仰向けに寝て体が軽いS字になる状態が良いです。 人…
不眠症の解消方法のひとつとして、眠りやすい環境作りが挙げられます。 熟睡するためには寝ているときに体に負担の少ない姿勢でいることが大事です。 人間の体は連動しています。 首の位置や角度によって背骨全体の位置が決まるのです。 脳から通る神経は脊髄へ脊髄から体全体へとつながっています。 体が良い状態なら…
医師の処方がなければ睡眠導入剤、睡眠薬は入手することができません。 一般薬局で自分で購入できる一時的な睡眠効果のある薬として「睡眠改善薬」があります。 睡眠改善薬は、長期的な不眠に効果はなくあくまでも一時的な不眠に効果を与えるものです。 生活環境が変わって眠れない、枕が替わって眠れない、海外へいって…
一般に広く利用されているベンゾジアゼピン系は安全性が高いので処方通りに服用していれば安全性の高いものです。 しかしながら薬ですから当然副作用はあります。 ここではベンゾジアゼピン系を例にとって副作用をみてみましょう。 ベンゾジアゼピン系の睡眠薬の副作用としては、「持ち越し効果」と言われるものがありま…
睡眠薬は基本的には専門医の診断と処方がなければ手に入れることができません。 服用の際も医師に処方された通りの量を正しく服用するようにしなければなりません。 今日は眠れないからと薬の量を増やしたり、服用回数を勝手に増やしてはいけません。 当然のことながら、アルコールと一緒に服用することはいけません。 …
睡眠薬は寝つきをよくしてくれるもの、よく眠れるものというイメージが強いですが他にも様々な働きがあります。 広く一般的に利用されている「ベンゾジアゼピン系」の睡眠薬について考えてみましょう。 ベンゾジアゼピン系の睡眠薬を服用すると、血液中に吸収されて時間が増すごとに血中濃度が上昇します。 それにより精…
不眠や睡眠不足などの治療の際に用いられる薬剤の睡眠導入剤。 化学構造の違いによっていくつかに分類することができます。 大きく分けて5つ。 「ベンゾジアゼピン系」「チエノジアゼピン系」「バルビツール酸系」「シクロピロロン系」「抗ヒスタミン剤薬」。 「ベンゾジアゼピン系」の代表的な薬としては、商品名「ハ…
不眠症の対処治療法は実に様々なものがあります。 まず一番多い精神的ストレスによる不眠の場合は、まずそのストレスの根本を解決することが重要となります。 周囲の家族、友人、あるいは専門カウンセラーや保健師さんなどに話をきいてもらうことから始めましょう。 話すだけでもストレス発散になります。 また音楽や映…
不眠の要因としては様々なことが考えられます。 もっとも多いものとしては、「精神的心理的要因」によるものです。 精神的ショックや急激なストレス、生活上の不安などに対して一時的にあらわれる不眠です。 次に「精神的医学的要因」によるものがあります。 精神科、心療内科でみられる精神疾患すべてにおいて不眠があ…
現代の様々なストレス社会において不眠に悩まされている人はたくさんいます。 わが国では一般人口の約20%の人が不眠に悩まされています。 不眠症とは、普段より睡眠時間が短く身体的あるいは精神的に不調があらわれることです。 不眠には、枕が変わると眠れない、心配事があって眠れないなどの一時的な環境の変化や精…

edit

 

cms agent template0037/0038 ver1.0