This page:不眠 原因 解消 > 睡眠改善薬

睡眠改善薬

医師の処方がなければ睡眠導入剤、睡眠薬は入手することができません。
一般薬局で自分で購入できる一時的な睡眠効果のある薬として「睡眠改善薬」があります。

睡眠改善薬は、長期的な不眠に効果はなくあくまでも一時的な不眠に効果を与えるものです。
生活環境が変わって眠れない、枕が替わって眠れない、海外へいって眠れない、気になることがあって眠れない。
イベント前で緊張して眠れない、眠りが浅いなどこのように一時的な不眠に対応するのです。

睡眠改善薬の主成分も睡眠薬とは異なります。
抗ヒスタミン剤の「塩酸ジフェンヒドラミン」が主成分となっています。
一般的に抗ヒスタミン剤とは、花粉症や風邪などのくしゃみや鼻水を抑える働きがあります。
ヒスタミン剤には脳を目覚めさせておくという働きがあります。
それを抗ヒスタミン剤によってブロックすることで、催眠効果が現れるというものです。

日本で初めての睡眠改善薬は、エスエス製薬の「ドリトル」があります。
今ではグラクソ・スミスクラインから「ナイトール」、他にも数社から発売されています。
どれも成分である塩酸ジフェンヒドラミンの量が50mgと同量ですから効果はほぼ同じです。
購入は1人1回につき1個まで。
既に不眠症の治療を受けている人は飲めません。
他にも医療機関に通院中の人は医師に相談して服用を決めなければなりません。
医師の処方がないからこそ、各自で管理してきちんとした量を決められた回数だけ服用することが重要なのです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0