This page:不眠 原因 解消 > 布団

布団

次に不眠を解消する環境作りとして布団選びも重要なポイントです。
体にストレスのかからない環境つくりを目指しましょう。
敷き布団は体を支える大事な役割を果たしています。
ですから腰痛、血行、快眠などに大きく影響します。

敷き布団選びのポイントとしては、仰向けに寝て体が軽いS字になる状態が良いです。
人間の体は立ったときに緩やかなS字型を描くのです。
自然の背骨のカーブを保持できるものがいいのです。
肩やお尻等の沈みこみやすい部分を適度に支えてくれると腰痛なども防げます。
やわらかすぎる敷き布団だと、体が沈みこんで腰に負担をかけてしまいます。
逆に硬すぎても体の血行が悪くなってしまうのでよくありません。
横になって眠るときからだの力を自然に抜ける感じがいいのです。
昼間使った全身の筋肉を休めてリラックスできることが大事なのです。

寝ている間に寝返りを何度かうつと思います。
その際に体が大きく沈みすぎないことが重要です。
どの程度布団やマットレスで体を支えられるかにより寝心地や安眠感が違います。

ベッドのマットレスの場合も敷き布団と同様の条件です。
硬すぎず柔らかすぎず体が自然なS字型体勢をとれるものを選びます。
ベッドの場合はさらにベッド幅も重要です。
最低90cm幅はないと寝返りをうったときにベッドから落ちてしまいます。
理想は両手を広げたくらいの幅です。
これだけあれば安心してぐっすり眠れます。

このようなことに気をつけて、自分にあった布団でぐっすりと眠れる環境を作りましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0