This page:不眠 原因 解消 > 早寝早起き

早寝早起き

昔から「早寝早起きしなさい」とよくいいます。
これは人間の生活リズムに早寝早起きが適しているからです。
この生活リズムを実践することにより、人間の体内リズムが整えられて体の調子がよくなります。
早起きすることにより自然と夜早く寝れるようになります。
まずは早起きをして、日中陽の光を存分に浴びて過ごしましょう。
不眠解消への第一歩です。
人間の体の中にある体内時計を正常にするには、光が大変重要なのです。
ですから夜なかなか寝付けない場合は、電気を消す、遮光カーテンを利用する。
このようにして極力部屋を暗くして体に夜だと認識させるようにしましょう。

それでもなかなか眠れない場合は、睡眠不足を本の少しの昼寝で助けてあげましょう。
適度な昼寝ならば、仕事効率や勉強の能率がUPし、かえって効率的に活動できます。
しかし夕方近くになって寝てしまうと夜また眠れなくなってしまいます。
ですから、ちょっと眠たくなる昼過ぎの時間帯に15分?30分程度の軽い睡眠をとりましょう。
あまり長く寝てしまうと目覚めが悪く、きちんと起きるまでに時間がかかってしまいます。
起きてまだ眠気が残っているようなら寝すぎです。時間を短くしてさっぱりとした目覚めをできるような昼寝の仕方をしましょう。
このように生活リズムを変えずに不眠解消すると、夜の睡眠の妨げにならずに睡眠不足を解消できます。
これにより昼間仕事や運動などを意欲的に行い、夜眠れるようになるとも思います。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0