This page:不眠 原因 解消 > アルコール

アルコール

眠れなければアルコールの力を借りれば眠れると不眠解消法に寝酒をあげる人はとても多いです。
専門医に診せて睡眠薬などを飲むと答えた人は寝酒の半分程度の人しかいませんでした。
適度な飲酒は興奮を抑えて寝つきをよくさせる効果があります。
しかしアルコールには催眠効果もあります。
覚醒の働きを抑える効果があるため、眠りが深く熟睡できた気持ちになるのです。
しかし実際には、お酒を飲みすぎると脳が麻痺してきちんとした睡眠がとれなくなるのです。
ですから、熟睡しているのではなく、感覚が麻痺してそんな気分になっているだけなのです。
また寝酒をすると夜中に利尿作用が働きトイレに行きたくなります。
そのため中途覚醒しなければならず、睡眠の妨げになります。

アルコールを飲まなければ眠れないという考え方はやめて、たまの楽しみとして眠る前の習慣にするのはやめましょう。
寝酒をしていた人が急に寝酒をやめたら眠れなくなったりして逆に不眠症に陥ってしまうことになります。
飲まないと眠れず不眠になって、さらには悪夢を見たり、朝までしっかり眠れなくなったりという症状が現れてしまいます。
寝酒も度が過ぎるとアルコールの量が増えていき、このようにして最後にはアルコール依存症になってしまいます。
その場合は速やかに専門医に診せて睡眠薬などの処方をしてもらいましょう。

近年日本では不眠症に悩まされる人が増えて、医療機関でも不眠外来を設けるところが増えています。
アルコールに頼ることなく、不眠が長期的に続くときは早めに専門医に相談しましょう。
とにかくアルコールは適量、適度が一番です。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0