This page:不眠 原因 解消 > サプリメント1

サプリメント1

不眠を続けると体に疲労感が蓄積され、心身のバランスも崩れ様々な病気になることが考えられます。
そんな不眠症の対策としてサプリメントの摂取があります。
サプリメントには様々あります。

代表的な成分としては、「カノコ草のエキス(吉草根)」です。
ヨーロッパで使用されているハーブの一種です。
中枢神経の緊張や興奮を緩和して精神の安定をはかり眠りを誘う催眠作用があります。
睡眠作用だけではなく、抗炎症作用や自律神経のバランスを整える働きを持っています。
サプリメントに使用されるのは根の部分です。
サプリメントとしては「バレリアン」と呼ばれます。
このバレリアンと脳内にあるGABAという神経伝達物質が協力して力を発揮するのです。

「セントジョーンズワート」。
昔から不眠症対策に使用されてきました。
うつ病やうつ状態に効く植物です。
軽度、中等度のうつ病やうつ状態に対して医薬品と同等に近い効き目があり副作用も少ないです。

「メラトニン」。
人間の体内で生成されるホルモンで脳の中心にある松果体から分泌されています。
体内時計をコントロールして睡眠覚醒の調整を行います。
加齢と共に分泌量が少なくなるので、睡眠障害が発生すると言われています。
通常メラトニンは夜間から朝方にかけて多く分泌され昼間はセーブされています。
メラトニンには抗がん作用や抗酸化作用などもありますが、一般的には睡眠障害改善成分として知られています。
メラトニンには睡眠薬のような副作用はありません。

現在服用している薬がある場合は、専門医に相談して併用可能かどうかを確認してサプリメントを服用するようにしましょう。
サプリメントを服用することにより医薬品の代謝スピードが変わり作用速度が変わってしまうことがあります。
注意して服用しましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0