This page:不眠 原因 解消 > 妊婦の不眠

妊婦の不眠

女性は妊娠すると不眠に悩まされることがあります。
特に妊娠後期に入ると、夜なかなか眠れなくなり、逆に日中眠気に襲われたりすることがあります。
妊娠当初3ヶ月は「プロゲステロン」というホルモン分泌が多くなります。
その働きにより夜熟睡できますが、昼間も眠気に襲われることがあります。
これは「妊娠随伴睡眠障害」と呼ばれます。
眠気により集中力の低下、無気力、気分が悪くなるなどの症状が現れます。
妊娠中期6ヶ月頃には治まります。
妊娠後期9ヶ月頃になると、今度は「エストロゲン」というホルモン分泌が多くなりプロゲステロンの分泌量が減ります。
そのため不眠が起こるのです。
妊娠後期の不眠には出産に対する不安や疲れなどの要因もあります。

これらの不眠を解消するにはどうしたらいいのでしょうか。
一番はなんといっても運動です。
日中に疲れすぎない程度に適度な運動をしましょう。
運動をすれば多少の疲労感が残ります。

昼寝により睡眠不足を補いましょう。
妊娠後期はどうしても眠気に襲われます。
逆らわずに睡眠をとり休養しましょう。
睡眠時間を少しでも稼ぎましょう。

またお腹が大きくなってくると寝苦しさから眠れないこともあります。
寝る姿勢を横向きにしたり、両足を少し曲げたり、膝の間にクッションを挟んだり楽な体勢を見つけて眠るようにしましょう。

リラックス効果としてはアロマテラピーも有効な手段です。
特に妊婦さんには「ラベンダーの香り」が適していると言われています。
ゆったりとリラックスした気分で精神を安定させると眠れるようになるかもしれません。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0