This page:不眠 原因 解消 > 高齢者の不眠原因

高齢者の不眠原因

高齢になると、寝つきが悪かったり、朝早く目覚めてしまったり、夜中何度かトイレに起きてしまうなどなかなか熟睡できなくなります。
これは若いときほど体を動かさなくなり消費するエネルギー量が減ったこと。
加齢による最高体温が低くなったことや1日の体温サイクルがずれてしまうこと。
睡眠作用を促す「メラトニン」というホルモン分泌が少なくなることが原因とされています。

人間の体温がもっとも低いのは起きる直前で夜寝る前にもっとも高くなります。
そして眠ると体温が下がってきます。
この体温が下がるときに人は眠気を感じ、この体温低下の幅が大きいほど眠気を感じるのです。
しかし高齢になると、最高体温が低くなるためこの幅が小さくなり眠気を感じにくくなるのです。

また体温サイクルがずれるというのは、高齢になると一日のサイクルが前倒しになるのです。
体温が上がるときに人は目覚めます。
サイクルが前倒しになる分、朝早く目覚めてしまうのです。

メラトニンは眠気を誘発するホルモンで、脳からメラトニンを分泌するように指令がでると血液中に分泌されます。
脳は光を浴びると、脳に指令をだします。
その昼間に出された指令が夜分泌を開始するのです。
ですから、昼間に太陽の下で日の光をたくさん浴びるとメラトニンも分泌され夜眠気を催すのです。

これらのことから高齢になるとある程度の不眠は仕方がありません。
しかしより良い眠りを得るための工夫をすることはできます。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0