This page:不眠 原因 解消 > 高齢者の不眠 対処法

高齢者の不眠 対処法

高齢になると加齢のために不眠になりがちです。
しかし睡眠をとるための工夫をすることにより、睡眠不足を多少なりとも解消することはできます。

まずは入浴です。
人間の体温は夜寝る前にもっとも高くなり、その高温が睡眠を催すのです。
ですから、入浴により体を温めることはとても効果的なのです。
さらに入浴すると緊張状態の交感神経が和らぎ、リラックスできます。
さらに入浴方法として、お湯は38℃?40℃程度の少しぬるめのお湯が最適です。
入浴時間としては、10分?20分程度かけてゆっくりとつかるのが体を芯から温めるコツです。
それ以上高温のお風呂に入ると、入浴後なかなか体温が低下しません。
体温がもっとも高いところから、下がり始めるときに眠気を催すのであまりに高温すぎてはだめなのです。
通常入浴は就寝の1時間前程度がベストですが、高温のお風呂に入浴する場合は2,3時間前に済ませましょう。

次に運動です。
日中太陽の光を浴びながら適度な運動をすると、ホルモンが分泌されよる睡眠を催すようになります。
疲れすぎない程度に運動することが大事です。
ホルモンの分泌時間のことを考えると、夕方前頃に太陽の光を浴びるのがいいのでそのころに外を散歩するのが一番効果的な運動です。

あと高齢者に多いのは昼寝です。
昼寝をするとやはり夜の寝つきが悪くなったり、就寝時間が遅くなったりします。
昼寝は極力やめましょう。

またコーヒーや紅茶などのカフェインには覚醒作用があります。
若いうちには大して気になりません多、高齢になるとカフェインの覚醒作用がかなりでてきます。
午後以降のカフェイン摂取は控えたほうがいいでしょう。

以上のように、日常生活において高齢者の不眠解消のための工夫がいくつかあります。
ぜひ実践してみてください。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0