This page:不眠 原因 解消 > 催眠療法

催眠療法

催眠療法とは、催眠状態を利用して病気の症状や悩みを取り除いていく治療のことです。
不眠のような習慣化された不便な状態は、人間の潜在意識へアプローチをして改善させることが有効な手段です。
ですから催眠療法は不眠症の治療によく用いられます。
精神療法の1つで心理学と精神医学に基づいたものです。
催眠により、心の不安を解きほぐすのです。
ゆったりとした気持ちになり、セラピストの暗示により物の見方や考え方などを変えていき、症状を軽減していくのです。
催眠療法は必ず効くわけではなく、効果が出やすい人と効果が出ない人がいます。

催眠療法には直接的なやり方と間接的なやり方があります。
人それぞれに合わせたやり方で行うものなのです。
直接的なやり方としては、「これからあなたはすぐに毎日眠れるようになります」というような暗示をかけます。
間接的なやり方としては、「大草原で青い空を見ながら大の字になって寝そべりましょう。その気持ちのよさを思い浮かべてください。」
「そこでのんびりとした気分で寝そべっていましょう。」という暗示です。
一般的には間接的な暗示のほうが効果があるようです。

但し催眠療法には、悪質なものがあります。
有資格者かどうか確認する。
優良なセラピストに依頼するなど、くれぐれも用心してだまされないようにして下さい。
催眠療法は医療行為ではありません。
「治る」「治す」「治療する」などの表現は使用しません。
このような言葉を発したら「怪しい」と思ってください。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0