This page:不眠 原因 解消 > 寝る前に

寝る前に

不眠を解消するにあたり一番大事なことは、寝る前に脳や体をリラックス状態にもっていくことです。
勉強や仕事など頭を働かせることは辞めましょう。
好きな本や雑誌をゆったりと読んだり、好きな音楽を流したりして体をリラックスさせましょう。
部屋の照明を少し暗めにするのもいいかもしれません。

就寝前にいつも必ずすることを決めておくと、脳が「もうすぐ寝る時間」と認識して寝る準備をしてくれます。
ですから、自分なりの寝るまでの流れを決めておくといいと思います。
例えば、ぬるめのお湯で10分?20分程度ゆったりと入浴したあと、カフェインが入ってないハーブティを飲む。
あるいはホットミルクなどで体を温めるのもいいでしょう。
このようにして体と脳にもう寝る時間だと伝達することはとても重要なことです。

逆に熱いお風呂に入ったり、部屋の照明を明るくしすぎてしまうと、脳と体が起きる時間だと認識してしまいます。
このように寝る前に避けたほうがいいことは他にもあります。
カフェインは覚醒作用があるので、コーヒーや紅茶、緑茶なども飲むのをやめましょう。
寝る前に食事するのも体が起きてしまいますからやめましょう。
寝る前のタバコもカフェインと同様です。
テレビゲームやパソコン、勉強など脳が活性化するようなこともやめましょう。
睡眠をとるために一番大事なことは緊張状態を緩和しリラックスすることです。
自分なりにリラックスできる状況を考えて実践してみましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0