This page:不眠 原因 解消 > 漢方

漢方

不眠症の解消法として、漢方の使用があります。
漢方薬は個々の体質によって処方が違います。

漢方の考え方としては、「気・血・水」です。
「気」の流れが滞ってしまった場合は、スムーズにして眠りを与える。
イライラして眠れない場合には、気分を落ち着かせる。
このように不眠の原因をさぐってそれに合わせて処方するのです。

寝付けない、熟睡できない、夢をよくみるなどの場合には、心と脾を共に補う「心脾両虚型」の漢方を処方します。
イライラする、ねてもすぐに目覚めてしまう場合には、腎の陰気を治し心経の高ぶりを抑える「陰虚火旺型」を処方します。
イライラして、悪夢をみる場合には、熱を下げ痰を取り除く「痰熱上優型」を処方します。

具体的の漢方名としては、イライラしてなかなか寝付けない、考え事をして寝付けない場合。
また便秘気味で動悸がある、高血圧による動悸、不安、不眠の場合には「柴胡加竜骨牡蠣湯」を処方されます。

また胃腸機能の衰えや精神的ストレスからくる不眠症や神経症には「加味温胆湯」を処方されます。

更年期による頭痛、肩こり、めまい、不眠、月経不順などには「加味逍遥散」が処方されます。
手足が冷え性で疲労しやすく神経症状や月経異常などがある女性にも処方されます。

考えすぎによる不安や不眠、顔や頭部の充血、鼻血、痔による出血などの際は、「三黄瀉心湯」が処方されます。

それぞれの症状、個人の体質により漢方の処方が変わります。
一度専門医に相談してみましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0