This page:ゴルフのマナー > ゴルフのマナー:キャップやバイザーをかぶろう

ゴルフのマナー:キャップやバイザーをかぶろう

ゴルフのおしゃれはウェアだけに限りません。
たとえば、キャップやバイザーといったものも不可欠です。
なにせ、ゴルフは長時間、屋外で行うスポーツですから、熱中症や日射病対策の面からも、キャップやバイザーといったアイテムは欠かせないのです。
プロ選手のほとんども、キャップやバイザーを使用していますし、カウボーイハットといえば片山晋吾選手といったように、そのハットがトレードマークとなっている選手もいます。
 
ゴルフ場でのキャップやバイザーは熱中症の対策の意味も込めてありますし、強い日差しから目を守ることも出来ますので、ツバの広いものの方が好ましいと思います。
また、ツバにワンポイントとしてクリップマーカーをつけることも出来るので、プレー中にも便利です。女性にとっては、紫外線の対策の意味からも欠かせませんよね。

しかし、せっかくキャップやバイザーをかぶるのでしたら、ただ安全面のためだけにかぶるというのではなく、おしゃれのためのアイテムの一つとして、キャップやバイザーにもこだわりたいものです。
  
ナイキやプーマ、アディダスといったスポーツブランドから、シャネル、ルイヴィトン、グッチなど高級ファッションブランドまで、さまざまなブランドがキャップやバイザーを出しています。
また、ゴルフツアーの公式グッズとして販売されているものもあります。

ナイキのタイガーウッズモデルのキャップや、ヨネックスの石川遼モデルのバイザーなど、憧れやお気に入りの選手と同じブランドのバイザーを選ぶも良し、ゴルフウェアとコーディネートするなどおしゃれにこだわって選ぶもよし。自分に似合う、これだという一品を見つけたいものです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0