This page:ゴルフのマナー > ゴルフのマナー:ゴルフ場でのヘアアレンジ

ゴルフのマナー:ゴルフ場でのヘアアレンジ

せっかくお気に入りのゴルフウェアを手に入れても、ヘアスタイルが決まらなければ、おしゃれも台無しですよね。
ゴルフ場ではほとんどの場合、キャップやバイザーをかぶると思うので、普段とはまた違ったヘアスタイルを試すチャンスともいえます。
キャップやバイザー、ヘアアクセサリーを上手に使って、かわいくキレイに見せるヘアスタイルを研究したいところです。

バイザーの場合は、トップから髪を出すことができます。高い位置でポニーテールにして髪を流してみたり、ふんわりとおだんごヘアを作ってまとめてしまったりと、色々なバリエーションが楽しめます。
ただ、ゴルフは屋外でのスポーツですから、風でヘアスタイルが乱れてしまったりすることや、紫外線による髪へのダメージを考えると、まとめ髪にしてしまった方が無難かもしれませんね。
きっちりまとめ過ぎると、雰囲気がかたくなってしまうので、色々なヘアカタログを参考にしてみるのも良いかもしれません。

キャップの場合はまとめてしまうとキャップがかぶれなくなりますので、髪を下ろすことが基本となると思いますが、サイドで一つに束ねてしまうのも良いかと思います。

ただ、ゴルフ場のクラブハウスは、マナーをチェックされる場所です。クラブハウスのレストランなどではキャップをかぶっていることはできませんから、キャップやバイザーを脱いだときに手早く修正できるようにしておきたいものです。

ゴルフウェア同様、キャップやバイザーもおしゃれなものがたくさんありますので、様々なアレンジで、おしゃれを楽しみたいところです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0