This page:ゴルフのマナー > ゴルフのマナー:夏ゴルフの持ち物

ゴルフのマナー:夏ゴルフの持ち物

夏場のゴルフ場は暑さとの戦いでもあります。見晴らしの良い、広々としたゴルフコースは清々しさも感じますが、炎天下ともなれば、日陰の少なさが災いして、熱中症や脱水症状を引き起こすといったことにもなりかねません。

夏ゴルフに行く際には、改めて持ち物についても考えたいものです。

熱中症、脱水症状の一番の対策はこまめな水分補給です。もちろんゴルフ場でも飲み物は販売されていますが、凍らせた飲み物や保冷剤、持ち運びの楽な小さなクーラーバックなどがあれば、炎天下でもすぐによく冷えた飲み物を取ることができてよいと思います。

ゴルフウェアについても、最近は吸水性、速乾性に優れた商品が発売されています。高い吸水性や速乾性をもつゴルフウェアは体温の上昇を防いでくれますので、熱中症対策には最適です。さらに紫外線をカットする効果のあるものもありますので、夏場のゴルフにはデザイン面ばかりでなく、そういった点からもゴルフウェアを選びたいものです。

また、晴雨兼用の傘もあると便利なのではないでしょうか。夕立などの対策となるばかりでなく、フェアウェイ上など、日陰が少ない場所でも日傘があると直射日光を避けることができます。直射日光は体力を奪いますので、日差しの強いときには持ち歩きたいものです。

他にも、吸水性に優れたタオル、ネッククーラーや冷却シート、虫除けスプレー。女性であれば、日焼け止めや制汗スプレーなどがあると良いと思います。

ちょっとした気遣いをすることで、安全に楽しくゴルフをプレーすることができますので、事前に準備しておくと良いのではないでしょうか。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0