This page:ゴルフのマナー > ゴルフのマナー:充分な紫外線対策を

ゴルフのマナー:充分な紫外線対策を

ゴルフは広大な自然の中で行われるスポーツです。緑溢れる広々としたゴルフ場の中でのプレーは、実に清々しいものです。

しかし、逆を返せば日光を遮るものがほとんどない状況ともいえます。
「日光を遮れない=日焼けをする」なんてことは、女性ゴルファーであれば誰でも防ぎたいことです。

ゴルフコースに出てしまえば、長時間日差しを浴びるのがあたりまえです。
きちんとUV対策を考えましょう。

まず、最重要なのがきちんと日焼け止めを塗るということです。
各メーカーから、様々な効果の日焼け止めが出ていますので、長時間、直射日光に当たることを考慮して選びましょう。

また、ゴルフウェアやバイザーなどもUVカット機能付きなど、UV対策の考えられたもののほうが良いと思います。
UVカットに特化した手袋やバイザーなどは、あまりおしゃれともいえませんし、せっかくのゴルフウェアとのコーディネートが・・・ということにもなりますから、あまりお勧めできませんが、それなりにおしゃれなウェアやバイザーにもUVカット機能がついたものがあります。
ぜひ、そういったものを選びたいものです。

他にも、晴雨兼用の傘などもありますので、面倒がらずにこまめに日傘を差すようにしたいです。

ラウンド後も、シートパックなどで肌の炎症を抑えたり、専用のクリームや保湿剤などもありますから、紫外線を大量に浴びた後には、そのケアにも力をいれたいですね。

紫外線に負けずに、キレイな肌をいつまでも保つためにも、充分な紫外線対策をねった上でゴルフコースに出たいものです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0