This page:ゴルフのマナー > ゴルフのマナー:寒さ対策もしっかりと

ゴルフのマナー:寒さ対策もしっかりと

ゴルフは1年中楽しむことのできるスポーツですが、屋外で行うスポーツですので、もちろんその季節によって対策は異なってきます。

冬場の最重要課題は寒さ対策です。
長時間、屋外でプレーするのですから、それなりの格好が必要となります。
寒い中で長時間のラウンドを行うなど、考えただけで辛そうですよね。

しかし、いくら寒さ対策だからといっても、あまり厚着をしてしまうとは、プレーの面からもおしゃれの面からもお勧めできません。過度の厚着は肩や首が動きづらくなり、スコアにも影響が出てしまうからです。
冬用のゴルフウェアはもちろんそういった点に留意されています。専門のゴルフショップにはゴルフウェアをはじめ、アンダーシャツやタイツなどインナーを扱っているところも多くあります。
あまり高価なものは必要ありませんが、普段より中に一枚余分に着ていると、温かさがかなり違いますのできちんと着るようにしたいものです。

また、手がかじかんでしまうと、ミスショットが増えてしまいますので、温かい手袋やカイロなどがあるとよいのではないでしょうか。

帽子についても、夏場はバイザーだけでかまいませんが、ニット帽や耳あてなど、防寒対策の取れるものも一緒に使う事がお勧めとなります。

ちなみに、寒さでボールがかたくなってしまうと飛距離が落ちてしまうそうです。カイロなどでボールも温めてあげると、普段と変わらぬ飛距離を出すことができるそうです。自身の防寒とも合わせて試してみると良いのではないでしょうか。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0