This page:ゴルフのマナー > ゴルフのマナー:レインウェアについて

ゴルフのマナー:レインウェアについて

明日、ゴルフ場に予約を入れてあるけど、天候は生憎の雨模様らしい・・・なんてことも時にはあるかと思います。
そうでなくても、ゴルフは屋外で行うスポーツですので、急に天候が崩れてしまうことだったってありえます。
そんなときのためにも、傘とレインウェアはゴルフの必需品といえます。
夏場など、暑い時期にも使用することがありますので、レインウェアは袖を切り離すことのできる、上下に分かれているものがよいと思います。
ゴルフメーカーのレインウェアは通気性もよく、機能性も十分なのですが、価格が高価なものが多かったり、耐久性にあまり優れているとはいえないものがあります。
レインウェアはそう何度も使用するものでもありませんから、メーカー品であっても型落ちしたものを選んだり、釣具メーカーやキャンプメーカーのものなども選択肢に入れてみると良いのではないでしょうか。
また、レインウェアのほかにも、ゴルフグローブやソックスの替えは必ず持っていくべきでしょう。
ゴルフクローブは本皮製品なら3ホールに1枚くらい、合皮製品なら午前と午後に1枚ずつくらいあると良いと思います。
ソックスもかなりぬれますが、ラウンド中に交換することはできませんので、お昼とラウンド後に交換するために2枚の替えがあれば十分ではないでしょうか。
また、レインウェアを着ずにも、傘だけで十分だという程度の空模様であっても、ゴルフウェアの替えが必要となります。
ハーフ終了後に着替えれるように、交換用のゴルフウェアも忘れないようにしたものです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0