This page:はるな愛 > はるな愛プロフィール

はるな愛プロフィール

今や売れっ子、ニューハーフタレントで人気絶頂のはるな愛。
物心ついた頃からずっと自分を女性だと意識していたという。
いわゆる性同一性障害であった。

小学生のころから、はるな愛は女装をしては、ものまね番組などに出演していた経歴がある。
その際の出演名は本名をそのまま「大西賢示」と表示されていたらしい。
はるな愛がものまねをしていた子供のころ、当時の得意な歌は松田聖子「Rock'n Rouge」だったという。
松田聖子の大ファンであり彼女の家を訪ねて行ったこともあるらしい。

1985年3月3日にテレビ東京で放送された「全日本ちびっこ歌まね大賞」に出演していた。
その番組では森進一の「北の蛍」を歌い、みごと優勝している。

1989年、福井県にある九頭竜湖での英語学校の小学生対象のキャンプ旅行で、「未来派少年・大西賢示」としてレク時間にゲスト出演していたらしい。
この際に、実は男子高校に通っていた事実を話して周囲に驚かれたという。
また、同年の5月25日には芸名を本名から一部変えて「大西ケンジ」としてデビュー。
「チャンス」という曲でレコードデビューしている事実を持つ。
だが、あまりヒットせず歌手として知名度は上がらなかった。

そんなはるな愛も中学生時代はいじめられていたという。
それを自伝書で告白している。

当時、弟にタンスの中身を無断で開けられて、はるな所有の女性物の下着を発見されたことから、弟には兄には女性の気持ちがあることがわかってしまっていた。
だが弟はその事実を親には内緒にしてくれていたというエピソードもある。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0