This page:新型インフルエンザ > インフルエンザと風邪の違い

インフルエンザと風邪の違い

新型インフルエンザを始め、インフルエンザとはそもそもどのような症状が現れるのでしょうか?
風邪との違いはどのようなものでしょうか?

通常の風邪は、のどや鼻に症状が現れます。
鼻水、くしゃみ、咳などが主な特徴です。

インフルエンザは、通常の風邪と違い、まず最初に高熱が出ます。
高熱というのは、38度から40度ほどの熱です。
倦怠感や、筋肉痛、関節痛などが起こるのも特徴的です。
症状は、2?3日がピークですが、通常5日ほど続くと考えてよいでしょう。

気管支炎や肺炎を併発する場合もあります。
体力のない高齢者や乳幼児は、重症化し肺炎、脳炎や心不全などを引き起こす場合もあり、大変注意が必要です。

抗インフルエンザ薬は、発症後48時間以内の服用が有効で、早ければ早いだけ効果があります。
また小児は気をつけなければならない解熱剤もあります。
必ず医者に処方してもらって薬を飲むようにしてください。

また、熱が下がっても周囲への感染の危険があります。

新型インフルエンザが発生した場合、その感染が危惧されます。
インフルエンザにかからないために、個人でできるさまざまな予防対策をしましょう。
個人個人が予防すれば、その感染は最低限にとどめることができます。
また感染者が周りにうつさないように行動することで、大流行を食い止めることができるかもしれません。
新型インフルエンザが発生する前に、個人がその知識を高めておきましょう。
また、さまざまな予防法を行いましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0