This page:新型インフルエンザ > 鳥インフルエンザ(H5N1型)について

鳥インフルエンザ(H5N1型)について

現在、鳥の間で流行を引き起こしているH5N1型とはどのようなものでしょう?
それは、強毒性鳥インフルエンザウイルスのことで、かなりの毒性があります。
これが突然変異して人に移って「新型インフルエンザウィルス」となると、重い症状を引き起こします。
38度以上の高熱、呼吸困難、嘔吐、筋肉痛、血痰、鼻血や歯肉出血、下痢など、強烈な症状を引き起こし、高齢者や乳幼児などの場合は死に至る場合もあると言われています。

H5N1型は、1997年、香港で、初めて人への感染が報告されました。
その後、アジア、アフリカ、ヨーロッパ各国で人の発症が報告されています。
世界保健機構(WHO)によると2008年12月16日で発症者数が391人(うち死亡247人)に至っているとのことです。

現在、日本において、人での発生は報告されていません。
世界中のウィルスの報じ込めを行っている状態です。
しかし、新型インフルエンザの発生は、免れないであろうと言われています。

現時点では、死んだ鳥との接触や、病気の鳥と濃厚な接触のあった人に、発症が見られています。
当然ながら、そういった鳥等を見つけた場合は近寄らずに報告してください。
発生国に渡航し、38度以上の高熱や、呼吸器系の異常がみられた場合は、すぐに保健所等に連絡を入れてください。

新型インフルエンザに変異する可能性のある強毒性鳥インフルエンザウイルスには、国が対策を挙げて徹底的に封じ込めている段階ですが、その変異も時間の問題でしょう。
まずは個人が、病気の鳥との接触を避ける等、気をつけてください。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0