This page:新型インフルエンザ > 新型インフルエンザ発生後の混乱

新型インフルエンザ発生後の混乱

新型インフルエンザが発生すると、どうなるのでしょう?
新型インフルエンザが発生した場合、日本国民の4人に1人が感染する、と言われています。
多くの人の感染により、社会生活が混乱し、麻痺するとも言われています。

会社では、最大40%の人が欠勤する可能性があると想定されています。
学校では、長期間の臨時休校となるでしょう。
また、各会社において欠勤者が相次ぐことから、社会生活に混乱をきたすでしょう。
物流が滞り、食料や生活必需品が不足する事態に陥ります。
最悪の場合は、ライフライン(電気、ガス、水道等)にも影響を与えるかもしれません。
医療関係においても、欠勤者が出る可能性があります。
その中で、新型インフルエンザにかかってしまった人々が医療機関に殺到し、医療機関が円滑に行き渡らなくなるでしょう。
新型インフルエンザにかかってしまった人が外出することで、さらなる被害の拡大がみられるでしょう。

新型インフルエンザが流行している時、不要不急の外出をしないということを念頭に置きましょう。
そのために、最低2週間分程度の食料品や、生活必需品等を個人個人が備えておく必要があります。

また、国、県、市からの正確な情報を得るようにつとめましょう。
パニックに陥らないように、冷静に対応しましょう。

そのために、新型インフルエンザが発生する以前から、徐々に準備を進めておきましょう。
事前の準備や知識が、発生してからパニックを起こさないために必要なものです。
できることから準備しておきましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0