This page:新型インフルエンザ > 新型インフルエンザのワクチン

新型インフルエンザのワクチン

毎年行われているインフルエンザワクチン接種というのは、新型インフルエンザに対して効果をなしません。
インフルエンザウィルスの種類が違うからです。
新型インフルエンザに対してのワクチン「プレパンデミックワクチン」は、実際に新型インフルエンザが発生してからでないと、作ることができません。

それに対して、事前に予想して作るワクチンを、「プレパンデミックワクチン」と言います。
プレパンデミックワクチンは、新型インフルエンザがパンデミックを起こす前に、予防的に接種されるものです。
現在流行中の鳥インフルエンザ(H5N1型)を基に作られています。
ただし、その効果は、実際に新型インフルエンザが発生しなければ確認することができません。

新型インフルエンザに対するワクチン「パンデミックワクチン」は、新型インフルエンザが発生してから、製造に6か月ほどかかると言われています。
それでは間に合わないので、基礎免疫をつける意味で、「プレパンデミックワクチン」を接種すると考えられます。

プレパンデミックワクチンは、政府は現時点で1000万人分備蓄しています。
その接種に対して、優先順位が決められています。
医療関係や、電気、水道等のライフラインに関する人など、新型インフルエンザの感染が拡大している状況であっても、業務を続けなければならない方々から接種する、とされています。

しかし、抵抗力の弱い高齢者や幼児、重症化しやすいと言われる若年層等に対しては、優先順位に含まれていません。
細かい優先順位については、次に述べたいと思います。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0