This page:新型インフルエンザ > 新型インフルエンザの国別対策

新型インフルエンザの国別対策

新型インフルエンザに対して、日本はかなり遅れています。日本という国は先進国であるにも関わらずどうしてこうも遅れているのでしょうか。
残念です。

スイスやフィンランド、イギリスなどでは、なんと、全国民分のプレパンデミックワクチンを接種する計画があるそうです。
また全国民分のタミフルが備蓄されているのだとか。

日本は、まだまだ2000万人分のプレパンデミックワクチンしかなく、2500万人分のタミフルしか備蓄していないのだそうです。
今後は増産する予定だそうですが、その計画は未定です。
タミフルは、実際は通常の3?4倍を接種せねばならないらしく、2500万人と言ってもそれだけは存在していないとも言えます。
実際は700万人程度だとか。

プレパンデミックワクチンを全国民分作ると、1700億円するのだとか。
けれども、スイス等の対策を見れば、どれだけそれが重要課題とされているのかがよく分かります。

日本はお金を持った国と言われています。
しかし、そのお金の使い方が、本当に国民が納得する使われ方をしているのでしょうか?
そのワクチンを作るお金やタミフルのお金は、どこかで無駄に使われていないでしょうか?

おそらく、日本国民の多くがそう思ったことでしょう。
結局は、国に頼りきれないので自分達が頑張るしかないのです。
日本はまだまだこういった意味で遅れていると感じざるを得ません。

日本は豊かな国と言われながら、実際はお金の面で豊かであっても、国として国民を守るという点では、豊かとは言い切れないと思います。
豊かで、かつ国民が暮らしやすい国にして行ってほしいものです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0