This page:新型インフルエンザ > 抗インフルエンザ薬「タミフル」

抗インフルエンザ薬「タミフル」

抗インフルエンザ薬というものに、「タミフル」があります。
タミフルはA型、Bインフルエンザウイルス感染症の治療、予防薬です。
カプセルタイプとドライシロップタイプがあります。
タミフルは、スイスのロッシュ社というところで、生産されています。

現在、そのタミフルが品不足を起こしている状態です。
今までは日本が一番の消費国でした。
総数の74%が日本で使われたと言われています。

ところが、ニューオリンズを襲ったハリケーン「カトリーナ」の対応で非難にさらされたブッシュ大統領は、名誉挽回を図るため、タミフルの国家的備蓄を掲げました。
アメリカは、4千4百万人分(EUでは、1億1千万人分)の備蓄計画を掲げ、ワクチンや抗ウイルス剤の開発、備蓄に71億ドルを投じると発表しました。

それに伴い、タミフルの品不足が加速することとなりました。

ただし、タミフルといえども新型インフルエンザに対して、万能薬ではありません。
抗インフルエンザ薬は、インフルエンザの増殖を抑えるための薬です。
体内に入ったウィルスは、2?3日で最大の数になります。
その前にタミフルを打って、増殖を抑える必要があります。
ただし、増殖を抑える薬であるので、病気の期間の短縮や、悪化を防ぐことはできますが、新型インフルエンザウィルスそのものを殺すというような効果はありません。
早めの服用が必要となります。
また、医師の処方箋が必要となります。

タミフルにより異常行動を起こした、等の報告もあります。
タミフル服用と異常行動との因果関係は明らかにはなっておりませんが、妊婦や子供などは、医師とよく相談した上で処方される必要があります。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0