This page:新型インフルエンザ > 抗インフルエンザ薬「リレンザ」

抗インフルエンザ薬「リレンザ」

抗インフルエンザ薬と呼ばれるものに「リレンザ」というものがあります。
リレンザは、ディスクヘラーという吸入器具を使用して、上気道の表面に到達させるタイプの吸入剤です。
ウイルスの表面に分布するたんぱく質「ノイラミニダーゼ」の働きを阻害し、増殖を抑える効果があります。
インフルエンザウィルスのA型とB型に効果があります。
リレンザは英製薬企業グラクソ・スミスクラインが開発しました。

リレンザの特徴は、即効性です。
経口薬のタミフルは、腸から吸収された後に血液で運ばれて効果を発揮する為、時間がかかり耐性ウイルスが出現しやすいと考えられています。

リレンザも、タミフル同様、品不足の状態です。
注文が相次ぎ、過去の需要量をはるかに越えています。
その生産には時間がかかると言われています。

しかし、リレンザも、タミフル同様、異常行動が報告されています。
リレンザと異常行動との因果関係は、こちらも明らかになっておりません。
主に、小児や未成年者に異常行動がみられた報告が寄せられています。

また、主な副作用として、下痢、発疹、悪心、嘔吐、嗅覚障害などがあります。

タミフル同様、リレンザも医師の診断を仰ぎ、勝手な判断で服用しないことです。
何か問題が出てきたらすぐに中止し、医師に見せることが必要です。
未成年者等に服用させる場合は、大人の目の届くところで管理する必要があります。

リレンザとタミフルの大きな違いとして、服用方法があります。
リレンザは、経口薬のタミフルと違い、吸入タイプなので、小児や高齢者などが使用するのは難しいという点です。

どちらにせよ、品薄の状態は続くとみられ、日本では数が足りない状態です。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0