This page:新型インフルエンザ > 高齢者には肺炎球菌ワクチン

高齢者には肺炎球菌ワクチン

新型インフルエンザが発症した場合、高齢者にとって怖いのは肺炎を併発することです。
それに対応して、「肺炎球菌ワクチン」というのがあります。
肺炎球菌ワクチンとは、肺炎球菌によって引き起こされるさまざまな病気を予防するワクチンです。
肺炎球菌ワクチンを接種すると、肺炎球菌による肺炎の、7?8割ぐらいを予防することが出来ると言われています。

一度接種すると、その効果は5年ほど続きます。
5年経過後に再接種して、強い副反応が現れた(主に、注射部位の発赤、腫脹、疼痛など)という報告もあるので、日本では2回目以後の接種は行われていません。
アメリカでは、65歳未満で接種したのち、65歳以上になり、前回の接種から5年以上経過した場合は、2度目の再接種を推奨しています。
世界保健機構(WHO)では、高齢者の肺炎球菌ワクチン接種を勧めています。
アメリカではすでに65歳以上の半数が接種しているそうです。

なお、初回接種の安全性は、インフルエンザワクチン接種と同様と考えられています。

新型インフルエンザのパンデミックが起こる前に、高齢者や心臓、呼吸器に慢性疾患のある方、糖尿病、腎不全や肝機能障害のある方等は、肺炎球菌ワクチンの接種をすることをお勧めします。

新型インフルエンザの発生でなくとも、肺炎を予防できるのであれば、その効果は意味のあるものではないだろうかと思います。
高齢化社会に伴い、高齢者が増え続けております。

身近な人を守るためにも、ぜひ肺炎球菌ワクチンを教えてあげてください。
新型インフルエンザの脅威に対して、ひとつでも出来ることがあれば、先にやっておくぐらいの準備が必要でしょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0