This page:新型インフルエンザ > 不織布マスク

不織布マスク

新型インフルエンザのパンデミックが起こった場合、新型インフルエンザにかかってしまった人も、そうでない人も、マスクの着用をすることがとても大切です。

不幸にして新型インフルエンザにかかってしまった人は、周りにうつさないように、マスクをしてウィルスを飛び散らせないようにしなければなりません。
また、かかっていない人であっても、他人からうつされない自己防衛の手段として、マスクを着用することを推奨します。

厚生労働省が推奨しているマスクは、不織布(ふしょくふ)製マスク というものです。
不織布マスクは、主として「プリーツ型」と「立体型」があり、薬局やコンビニエンスストアなどで購入することができます。
原則として使い捨てです。

また、N95マスクと言って、医療従事者向けとされているマスクも多数販売されています。
N95マスクの種類は400種類以上もあるそうです。

マスクを使う際の注意点は、鼻、口、あご等にしっかり密着させて、マスクとの隙間が無いようにすることです。
これが一番重要となります。

マスクをはずす時は、その表面に手が触れないようにして、外したマスクはごみ箱等にすぐ捨ててください。
その後、石鹸できちんと手を洗ってください。

推奨する備蓄量としては、各家庭で1人当たり20?25枚だそうです。
それ以上あったほうが良いことは言うまでもありません。

プレパンデミックワクチンの備蓄も足りず、タミフルの備蓄も足りず、とあれば、マスク等で自己防衛する他ありません。
事前に準備できるものであるので、ぜひご家族分ご準備してください。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0