This page:新型インフルエンザ > 加湿器と空気清浄機の活用

加湿器と空気清浄機の活用

インフルエンザウィルスが流行することが冬に多いのは、ウイルスにとって温度20度前後、湿度20%前後という環境が最適だからです。
インフルエンザウィルス以外のウィルスであっても、病原菌ウィルスは乾燥を最も好みます。

新型インフルエンザが流行した場合、家庭でできることは、加湿を心がけることです。
湿度50%?60%に保ち、こまめに換気をしましょう。

加湿器はもちろん、空気清浄機などを使うのも良いでしょう。
ウィルスを攻撃したり除去したりするフィルターを備え付けたタイプも数多くみられます。
また、空気清浄機で加湿もできるタイプもあります。
ご家庭に合った加湿器や空気清浄機を準備しておくとよいでしょう。

もしも加湿器が無いような状況の場合は、濡れタオルを掛けておくのもよいかもしれません。
洗濯物を室内に干せば、それだけでも加湿となります。

新型インフルエンザだけでなく、通常のインフルエンザや風邪の時でも同じです。
室内の湿度というのは大変重要となってきます。
予防のためにも常に加湿器等をつけておくと良いでしょう。

ただし、古い加湿器は逆効果のものがあります。
必ず、フィルター等を衛生的に保つようにしてください。

また、換気をすることは、空気の入れ替えとなり、室内に漂っているウィルスを外に出すことができます。
寒いシーズンであっても、1時間に1度は換気をして、新しい空気を室内に入れてください。
特に、外出先から帰った人がいた場合は、室内にウィルスを持ち込んだ可能性があります。
換気をして、きちんと加湿して、室内の環境を保ってください。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0