This page:新型インフルエンザ > 家庭の備蓄品(食料品)

家庭の備蓄品(食料品)

新型インフルエンザが発生した場合、最低でも2週間は家にこもることが良いとされています。
その時のために、家庭では何を用意しておくべきでしょうか?

まず、食料品の例は以下のものです。
主食にでき、長期保存できるものとして、米、切りもち、乾麺類(そば、うどん、そうめんなど)、コーンフレーク、シリアル類、乾パンなどが挙げられます。
主食は、家族全員分となると、かなりの量が必要になると思います。
逆に言うと、主食さえあれば、なんとか生きることはできます。
長期保存可能なので、たくさん購入しておくと安心でしょう。

その他の食料品としては、塩、砂糖、しょうゆなどの各種調味料です。
これらはご家庭で調理しようとすれば必要となってきます。
保存用と言っても、次々に使ってしまいそうなものでありますし、賞味期限もあります。
こまめに日にちや量をチェックして補充しておきましょう。

それから、レトルト食品や、フリーズドライ、インスタントラーメンなども良いでしょう。
最近ではかなりの量の商品が販売されています。
お湯に入れるだけのお粥等は、調子の悪い時に便利かもしれません。
こういった商品は、長期保存可能なので、たくさん買っておきましょう。

あとは、缶詰類。缶詰は、昔から地震の時の避難用備蓄として知られていますね。
ジャムや栄養補給食品もいいかもしれません。

それから、ミネラルウォーターはかなりの量が必要です。
最悪の場合、ライフラインが止まってしまうかもしれません。
人間は水がないと生きていけません。
ペットボトルや缶入りの飲料などでも役に立つと思います。
スポーツドリンクは、病気の人の水分補給に大変有効です。

これらの食料品を、最低でもひとり2週間分、2か月分ぐらいあれば安心でしょう。
家族全員分の量を考えることを忘れないようにしてください。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0