This page:新型インフルエンザ > 家庭の備蓄品(医薬品)

家庭の備蓄品(医薬品)

新型インフルエンザが発生した場合に対して、薬局等で購入できる医薬品をご家庭で準備されていたほうがよいでしょう。

まずは常備薬。普段の使いのものがよいでしょう。胃腸薬、風邪薬や持病の薬など、多めに置いておきましょう。
解熱剤は、成分をよく確かめておきましょう。アスピリン系は注意が必要なので、アセトアミノフェンを置いておくとよいでしょう。
包帯やガーゼ、ばんそうこうなども用意しましょう。
うがい薬等もよいでしょう。

それから、新型インフルエンザの患者がいた場合の予防策として、マスクは必須です。
ゴム手袋や、消毒用のアルコールもあるとよいでしょう。
消毒用のアルコールは、現在多くの種類が売られるようになっています。
ワンプッシュするだけで簡単に手をアルコール消毒できますので大変便利です。

また、新型インフルエンザにかかってしまった患者がいる場合、水枕や保冷剤、解熱シート等も必要です。
洗剤や漂白剤も準備しておきましょう。できれば次亜塩素酸入りのものが好ましいです。患者の汚物で汚れた洗濯物を分別して消毒します。

トイレットペーパーやティッシュペーパー、ウェットティッシュ等もたくさん必要になるでしょう。

ビニール袋を用意しておくと便利です。患者のウィルスに侵されたゴミを入れて捨てます。
密封できると尚良いでしょう。

赤ちゃんのいるご家庭は、おむつやミルク、乳幼児用の薬など用意しておきましょう。
病気になったとしても、新型インフルエンザが充満する医者の病室で待たせることは赤ちゃんにとっては酷です。
少しの病気であれば、ご家庭で治すように努力しましょう。

これらの医薬品は薬局で購入できるため、ご家庭に備えておきましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0