This page:新型インフルエンザ > ダチョウ抗体マスク

ダチョウ抗体マスク

新型インフルエンザ対策商品というのは開発が追い付かないような状態です。
その中で最近注目を浴びているのが、「ダチョウ抗体」です。
テレビなどでもダチョウ抗体付きマスク等取り上げられたりして、注目されています。

従来は、マウスやウサギ、ニワトリ等を使って、抗体を作り出して生成していました。その生産コストは高く、生産も遅いものでした。

一方、ダチョウは、寿命も長くウィルス耐性も強い鳥類です。大きな卵を生みます。卵には親鳥の免疫システムも受け継がれます。
そのダチョウを、新型インフルエンザウィルスの抗体作成に使おうと試みられたのです。

ダチョウに、鳥インフルエンザの毒性を除いたものを投与して、ダチョウの身体の中ではウィルスへの抗体が生成されます。
そのダチョウが産んだ卵で、たくさんの抗体を作って、人類に配ろうというのです。
ダチョウは、ニワトリの25倍もの卵を産み、その大きさもニワトリよりかなり大きいとなれば、たくさんの抗体が作られることでしょう。
半年で100個ほどの卵を産むので、ウサギ800匹に相当する抗体が、1羽のだちょうから半年で作れるのだそうです。
また、できた抗体はウィルスや病原菌に対する感度がきわめて高いのだそうです。熱にも強いし、品質のばらつきも小さい等、想像以上のものでした。

それにより、あるベンチャー企業が、だちょう抗体をフィルターに取り付けたマスクを発売しました。
従来の抗体で作った場合1枚数十万かかってしまうものですが、4000万分の1の価格で作ることができ、使い捨てマスクが実現しました。

今後、医療機関や自治体などに大量販売されるとともに、大手メーカー経由で一般向けに販売されるそうです。
また、そのダチョウ抗体を用いた新インフルエンザのリスク回避商品の開発を進めるのだそうです。

メーカー等に対しては、新型インフルエンザの今後の研究に期待がかかりますが、個人においてもその知識を高め、予防策などをして、パンデミックを防ぐための努力がなされることが望まれます。
パンデミックを防ぐのは、世界中の人々が一丸となって戦わなければいけないのです。
そしてあなたもその大事な一員なのです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0