This page:結婚の体験談について > 結婚式の料理に関する体験談

結婚式の料理に関する体験談

結婚式の披露宴で欠かせない物と言ったらやっぱりお料理ではないでしょうか。自分達の結婚披露宴に来てくれて祝福してくれている人に対して心ばかりのおもてなしをしたいと言うのが心情だと思います。

もちろん新郎新婦が主役なのだから自分達が楽しめればと言うのも分かりますが、それでは来てくれた人をないがしろにしてしまう結果になってしまいます。ですから自分達も来てくれた人達も楽しめる披露宴にするという事が望ましいです。

招待客に披露宴に行って嫌だったなと思わせる様な体験談を聞いてみたところ、やっぱり上位に上がってきたのが「料理」の事でした。では「料理」に関するどんな所が嫌だったなと感じたのか体験談をまとめてみると「とにかく料理が不味い!」「料理に対してケチっている様に感じる」「安っぽい料理」と言う様な事が挙げられる様です。やっぱり料理が駄目と言うのは一番嫌な事みたいですね。

もちろんご祝儀と言うのは新郎新婦二人の門出を祝う為に出す物ですが、料理代も飲み物代も込みになっている訳ですから、ある程度の料理が食べられると期待しちゃいますよね。それなのに料理がお粗末な物になっていたらがっかりして結果的に「料理が駄目な披露宴だったね」とマイナスの印象を持たれてしまう事になる訳です。

自分達がやりたい披露宴にする為に削れる物と言ったら飲み食い代と言う事になってしまいがちだから仕方ないのかもしれませんけど、安くてもある程度美味しい料理を食べさせてくれる場所もあると思うのです。そう言った心配りが結婚式を成功させる秘訣なのではないでしょうか。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0